結婚をあきらめてからどうでもよくなった〜 ...

 

結婚を諦めてからとうでもよくなったという方へ。

 

結婚を諦めたということは、(当たり前かもしれませんが) 結婚をしたかったということですよね ?

ここでは一つのケースとしてお話しします。

このような方は、結婚を諦めたのではなく、それほど結婚を望んでいなかったのだと思います。 

本気で活動していなかったから結果が出なかっただけなんです。

 

おそらく本人も、それほど結婚を望んでいないことに気づいていません。

 

ほとんどの人は結婚するし、「歳をとったときに一人は嫌だなぁ・・・」という思いでなんとなく婚活してみた。

 

  1. うまくいかなかった
  2. 落ち込む
  3. 私ってダメ人間 ??
  4. 将来に不安が募る・・
  5. ファッションどころじゃない
  6. どうしよう・・・

 

女性は出産を考えると、結婚の時期は限られています。

 

しかし、子供が産める時期に適齢期に当たらない方もいらっしゃいます。


結婚・出産という、世間一般と同じでなければいけないという呪縛から自分を解放してあげる。

 

そうすると、不安や劣等感がなくなる。

 

結婚から解放されたあなたは、本当はファッションが好きかもしれません。

 

まず、結婚という「呪縛」を解き、元気になって人生もファッションも楽しむ♪

 

あなたにとって自然体で「適齢期」を迎えられるといいですね♪

 

John HainによるPixabayからの画像